まつ毛美容液 DHCのアイラッシュトニックを使った口コミをレビュー

DHCのアイラッシュトニックに救われた

私が使ったことのあるまつげ美容液はDHCのアイラッシュトニックです。

使おうと思ったきっかけは高校生の頃、学校の校則が厳しく化粧はできませんでした。でも少しでも目を大きく見せたい、まつげをあげて可愛くしたいと思い毎日ビューラーをしていました。ある日、ビューラーをしすぎたのか分かりませんが、ごっそりとまつげが抜けて「歯抜け状態のまつげ」になっていました。ビューラーであげても歯抜け状態のため、逆に目立ってしまい、しばらくは隠すようにあげないようになりました。そんな時母から「まつげ美容液があるから使ってみたら」と勧められたのがこのアイラッシュトニックです。使い方はマスカラと同じで塗るだけ…なのですが朝、晩おぬり続けると、最初は変化がありませんでしたが、少しずつ生えそろっていきました。すごく嬉しくてそこからは愛用していました。

マツエクに進んだ

ですが大人になり、つけまつげをし始めてから目力がアップしたのでビューラーは使わなくてなりました。今はつけまつげも卒業し、マツエクになっています。マツエクにしてからは、マスカラを塗らなくて良いので化粧時間が短縮でき、また量があるため目力もアップしたように感じます。ですが、やはりこのマツエクも曲者で、マツエク専用の美容液を塗らないと長持ちをしないと言われ、今はマツエク専用のものを朝と夜ぬっています。

自まつ毛ではないので効果があるのかなどは分かりにくいですが、長持ちはしているのかな?と感じています。現在妊娠中のため、まつげが落ちる・抜ける頻度がかなり多くなっているので念入りに美容液は塗るようにしています。

また下まつげに関してはマツエクはしていないので、目力アップのためにマスカラを塗るようにしています。やりすぎるとケバい印象になってしまうため、薄い色を塗って、そのあとアイシャドウで目立つようにしています。

以前の失敗

以前は目力アップのためにはアイライナーをとにかく濃く、太く、縁でかこって!のようなやりかたをしていました。が、時代も変わり、年代も変わり、流行も変わったため、ライナーはさりげなく…囲まないように気をつけています。ただ奥二重のためライナーを薄く引いてしまうと全く意味をなさないのでそこは太く書いてアイシャドーを濃く塗るようにしています。

大人になって気づいたのはアイシャドウの大切さです。アイシャドウよりアイライナーを濃くすればそれで目立つと思っていましたが、化粧品関係の方などにきくと、「影が大事だからアイシャドウを重視してほしい」と言われたことがあります。グラデーションをつけるとかで凹凸がよりリアルにでき、立体感かは目が大きくみえたり、目に注目がいく形が出来上がると言われました。

いろんな色がありますが、目立ちすぎるのは嫌なため今はデコルテのブラウンを塗るようにしています。赤なども試しましたが、自分の顔色には似合わなかったのでブラウン、ベージュなどをグラデーションで入れていっています。

順番としてはアイシャドウベース→アイライナー→アイシャドウでふちをこくする。といった順番でやっています。

マツエクは微妙という結論に

ここ数年はマツエクもありますが、まつげの寿命が短くなると言われ、ビューラーは使っていませんが、ゆくゆくはマツエクも卒業して自まつ毛をしっかりはやして、またビューラーでカールができれば一番良いなと思います。

次どのようなメイクが流行るかはわかりませんが、今はナチュラルメイクが主流のためいかに「濃くないように見せるか」が大切になります。濃くないようにみせるのと、化粧が薄いのは違うため、ライナーの入れる場所やきつすぎないアイシャドウなどを意識して、作っていく必要があると思います。

二重になった方法

最後に奥二重の私はアイプチをしていましたが、どうにも面倒だったため、頭の裏にあるツボを毎日刺激したら、気づけば二重になっていました。(太って瞼が二重になった可能性もありますが)やはり二重の方が何をしてもパッチリして目立つので、お金をかけたくない方は、ネットで調べて子供騙し感覚にはなりますが、ぜひ頭の二重になるツボを刺激してみるのも一つかな?と思います。

化粧をしなくなることは女性はほぼないと考えると、第一印象で良い印象を与えるポイントとなる「目力」は努力次第でどうにでもなると思います。一重でももちろん切れ長でカッコ良いメイクがあると思うので、その人の目にあった一番良いお化粧方法を見つけて行って欲しいと思います。